主婦がキャッシングを利用する場合のお試し審査

主婦がキャッシングを利用する場合、「収入がある」「キャッシングについて配偶者の同意が得られる」「同意が得られない」この3つのうちどれに該当するのかによって申込む金融業者が違ってきます。
収入があるのであれば、既に総量規制の範囲は利用してしまっている場合は銀行への申し込みになります。しかし総量規制の心配がないのであれば、銀行、貸金業者のどちらでも申し込みは可能です。
キャッシングに配偶者の同意が得られるのであれば、銀行でも貸金業者でも申し込めます。ただし1家計で総量規制による「年収の3分の1」を審査しますので、配偶者の信用情報から審査されます。
同意が得られないときには銀行への申し込みしかで選択できません。配偶者の信用情報を信用情報機関で照会することは同意が得られていないのですからできませんが、その分審査が厳しめになります。
ここで気をつけなければならないのは、銀行の仮審査を貸金業者が行っている匿名性の高い「お試し審査」とは違うという点です。仮審査でも信用情報機関への照会は行われますので、申し込んだという情報も一定期間登録されます。