キャッシングの限度額と金利について

キャッシングを利用して借り入れられる金額には上限があり、それは総量規制によって制限されています。なぜ、法律によってキャッシングでの借り入れに限度額が設けられているのかというと、キャッシングの利用によってお金を借り入れ過ぎてしまい、多重債務の状態に陥ってしまう人が多いからです。この多重債務の問題は過去に社会的な問題となり、その対策として消費者金融などを対象とした貸金業法が改正されることになり、それと同時にキャッシングでの借り入れに上限が設けられることになったのです。
総量規制が施行された後は、キャッシングの利用者は年収の3分の1までしかお金を借り入れることはできません。それ以上の金額の借り入れについては、利用者が返済不能の状態になってしまう危険性があるからです。もしも、無制限にお金を借り入れられるのであれば、キャッシングの利用者の中には複数の業者からお金を借り入れてしまい、多重債務の状態に陥ってしまう可能性があります。そのため、総量規制での借入金の限度額については一定の効果があるといっても間違いはないでしょう。
また、キャッシングでは貸出金利も法律によって定められており、その金利を超えた利息の請求は明らかに法に反することになります。しかし、一部の業者では法律で定められている貸出金利を守らずに、違法な利息を請求している場合もあります。そのような違法な利息については過払い金返還請求をすることで、業者側から取り戻すことができます。