銀行系キャッシングのメリットとは

キャッシングには、銀行系と貸金業者系があります。それぞれにメリットがありますので、ライフスタイルに合わせて使い勝手を検討して利用するとよいでしょう。
いくつもある銀行系のメリットのうちの一つは、まず総量規制の範囲にとらわれないということです。総量規制とは「年収の3分の1を超えた貸し付けを行ってはならない」という法律で、貸金業者に課せられています。これを貸金業者は厳守し、貸し付けを制限しています。しかし銀行系はこの法律の対象外となっていますので、その範囲を超える貸付を行うことが出来るのです。専業主婦でも、配偶者の同意がなくても利用することが可能です。
また他のメリットとしては、貸し付け金利の低さにあります。10万円以上100万円未満の貸付限度額に対しては、貸金業者の多くは実質年率18%前後で貸し付けています。しかし銀行系は商品によって一桁ということもあり、大変利用しやすいものとなっています。
用途に応じた商品がラインナップされているということも、メリットと言えるでしょう。例えば貸金業者であれば「無担保保証人不要」のフリーローンからのキャッシングがほとんどですが、銀行系ではフリーローに外にブライダルローン、美容ローンのように、用途がはっきりしていれば更に低金利が適用されているローンもたくさんあります。それに該当する用途の場合は、そちらのキャッシングを利用することも検討できます。
取引の内容によってキャッシングの金利が優遇される場合もあります。給料振込、公共料金の引き落としなどでその銀行の口座を利用していれば、各銀行で適用される特別な金利を用意していることがあります。